おわら風の盆

9/1~3まで富山県八尾町で行われる
「おわら風の盆」
d0061411_20555764.jpg


飛騨の山々が描く稜線から富山平野へとたどるその途中に、細く長く広がる坂の町・八尾があります。
肩を寄せ合うように建つ家並み。細く坂になった道と脇に続く路地・・・。年に1度、なんでもないこの風景がより輝く季節が今なんです。

二百十日の初秋の風が吹くころ、おわら風の盆の幕開けを迎えます。
毎年9月1日から3日にかけて行われるこのおわら風の盆は、今も昔も多くの人々を魅了してマス。
涼しげな揃いの浴衣に、編笠の間から少し顔を覗かせたその姿は、実に幻想的であり優美。
山々が赤くもえる夕暮れを過ぎると、家並みに沿って並ぶぼんぼりに淡い灯がともる。
 それぞれの町の伝統と個性を、いかんなく披露しながら唄い踊る。その町流しの後ろには、哀愁漂う音色に魅せられた人々が1人、また1人と自然につらなりだす。闇に橙色の灯が浮かび上がり、誰もがおわらに染まっていく・・・。

d0061411_20512117.jpg


 おわらの歴史は古く、元禄のころ。
 生活の中から見いだした喜びを面白おかしく表現しながら、町を練り歩いたことが町流しの始まりといいます。
しかしその多くの表現は、当時の庶民生活の実態をそのまま露骨に唄ったものだったため「このままでは伝えるより先に滅んでしまう」。そう感じた芸達者な人々は、歌詞を改め、新しい詞の間に「おおわらい(大笑い)」の言葉を挟んで踊った。これが、おわらの語源になっています。また一説によれば、農作物の収穫の時期に豊年を祈り、おおわら(大藁)とも。

 かつて風の盆は、お盆の8月中旬に行われていたらしいですが、町の人口が希薄になるその時期に祭りを続行することを、懸念する声が少なくなかったとか。
 当時暦の主流だった太陰暦から、太陽暦へ統一されたことを機会に、旧暦のお盆にあたる9月初旬に改められたといわれてます。

文化が全盛のころ、大正8年に誕生した「おわら保存会」もまた、おわらの唄、踊り、拍子にその影響をうけました。 会長の川崎順二らの働きかけで、各界の一流の文化人たちが次々と八尾に来訪。おわらに文芸の息吹を吹き込んだ文化人には、宗匠・高浜虚子、作家・長谷川伸もいたといいます。
 若柳流の舞い、三味線、太鼓、胡弓の音色。それぞれが、おわらの魅力に引き寄せられたように、ひとつになり、その時代に生きた文芸人らの想いは今、歌碑となって八尾地区町内のあちらこちらで息づいています♪
散歩がてら、町の「おわら名歌碑」めぐりをして回るのも楽しい♪
 
d0061411_20544950.jpg

[PR]
by ko-a-kuma | 2005-09-01 20:54 | beauty
<< 超美味 玉天 ひとくちチーズケーキ >>